治療は長くなります

中身が出ているカプセル

うつ病の治療を行う際は長期的な目で物事を見て行く必要があります。

レクサプロのようなうつ病の治療に効果がある薬を服用していくと、徐々に効果が現れ初め、うつ症状の特徴でもある気分の落ち込みなどが無くなっていきます。
しかし、それは薬の効果によってセロトニンの分泌量が上昇したことによって症状が改善したように見えているだけで、服薬をやめてしまうと完治したと思っていた症状が再発してしまうだけでなく、薬を飲んだのに治らなかったなんてもうだめなんだ、と強く思い込むようになり、症状が更に悪化する可能性があるのです。
特にレクサプロは半減期に至るまでの期間が非常に長い為、服用を止めてからも1日程度なら薬が体内に残っていることがあります。
その間は特に問題ないように感じても、薬が完全に抜け切ってからしばらくすると治療を行う前と同じように気分が落ち込んでいってしまい、飲むのをやめてすぐは大丈夫だったのにどうして今はこんなに辛いんだろう、という不安に駆られてしまう事もあるのです。
なので、一度服用を始めたら短くとも1年ほどは継続して薬を服用し、徐々に投薬量を減らしながら薬の効きを弱めていき、最終的に投薬無しでも問題ない、という状態を作っていく必要があるのです。

勝手な判断で投薬をやめてしまうと症状がぶり返すだけで悪化してしまう事もあります。
なので、自分勝手に飲む量を変えてしまったり、近くにうつ病の人がいる人は「そろそろ飲まなくてもいいんじゃない?」と声掛けを行い、うつ病患者の治療を阻害しないように注意するようにしましょう。